1. ホーム
  2. ごあいさつ

理事長挨拶

篠 岳瑠

 西浜サーフライフセービングクラブは、湘南片瀬西浜海岸を拠点に、1963年より、夏季の間水難救助活動を行う有志が集い、以来、50年間にわたり、毎年夏季の間水難救助活動を行ってきた、日本で最も伝統のあるライフセービング団体です。1995年に任意団体としてクラブ組織化し、更なる活動の充実や地域に根差した活動を図るため、2003年に特定非営利活動法人格を取得しあらたな船出を果たしております。現在では、会員の数も安定し、夏季だけの活動に留まらず、年間を通じた活動が行われております。

 「地元の海は地元の人が守る」「自分の命は自分で守る」をテーマに6人から立ち上げたジュニアライフセービングプログラムは、現在では100名程の規模となり、全国有数の成果をあげております。毎月定例化しているビーチクリーン活動はクラブ員は勿論、地元市民や他団体の情報交換の場となり発展し、各賞を受賞しての継続事業は遂に2012年6月、日本のライフセービング界で初となる緑綬褒章を受章するに至りました。

 藤沢市との協働事業として、市内の小中学生及び教職員の方に「水辺の安全」と伝えるプールでの講習を実施。関係諸機関との連携では、2007年に発生した引地川河口での水難事故をきっかけに、藤沢市消防局のリーダーシップの下、2010年より海岸海辺地域人命救助活動実施機関連絡会議を開催し、公的救助機関とライフセービング団体との連携方策の検討及び顔の見える関係構築を行ってきました。2013年に水難救助活動時の連携体制に関する覚書締結まで至ることが出来ております。

クラブ事業を委員会に細分化し、このようにそれぞれの事業で成果を上げております。

今後も西浜SLSCは、『人と人を繋ぐ』『人と自然を繋ぐ』『人と人の命を繋ぐ』ことのできる人間を育てられるクラブを目指します。

設立理念を継承し、「笑顔の溢れる海の開放」「青少年の心身の育成」「ライフセービングのライフスタイル化」「地域に根付いた活動」「自然環境の保全活動」。これらをクラブの志である「謙虚な姿勢と感謝の気持ち」で継続していく所存であります。

 

特定非営利活動法人 西浜サーフライフセービングクラブ

理事長 篠 岳瑠

クラブ概要

  • クラブ概要
  • 役員紹介
  • 組織概要
  • クラブ定款
名称 特定非営利活動法人西浜サーフライフセービングクラブ
設立 1963年 【日本初のライフガード組織】
拠点 藤沢市片瀬西浜海岸 鵠沼海岸
藤沢市片瀬東浜海岸
藤沢市江ノ島岩屋
事務局 〒251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸三丁目26番15号
Tel.090-8454-5353
E-mail info@nishihama.org
*専属事務員がいないため,日中は電話に出られない場合があります
*お問い合わせは極力メールでお願いいたします
会員 正会員60名、一般会員162名、高校生会員17名、ジュニア会員80名(2017年3月末現在)
目的 このクラブは、藤沢地域の海水浴場及びプールの安全指導、監視、人命救助を通じ、ライフセービング活動の普及を図るとともに、ビーチクリーン活動による地域社会への貢献や、ジュニアライフセーバー教室開催などによる、青少年の健全な育成を目的としています。
理事長 篠 岳瑠
理事 石川 修平(パトロール担当)
理事 荒井 洋佑(競技担当)
理事 浜地 憲太郎(イベントパトロール担当)
理事 高木 渓太(環境イベント担当)
理事 植木 将人(育成担当)
理事 神戸 友美(ジュニア・ユース担当)
理事 早川 慶太郎(事務局担当)
監事 宮野  実
監事 鈴木 慎一
パトロール委員長 河西 亮佑
競技委員長 小田切 伸矢
イベントパトロール
委員長
橋本 淳太郎
環境イベント委員長 伊藤 光宏
ジュニアユース
委員長
大谷 健将
Copyright(c) NISHIHAMA S.L.S.C All Rights Reserved.